« NCA評議員会終わる | トップページ | 須坂市まで高速千円で日帰りの旅 »

2009年3月25日 (水)

梅は咲いても雪マーク

■新潟市内では梅も咲いてきましたが、週間天気予報では金曜からまたマークですね。今年も花粉との闘いの日々ですが、この寒の戻りで花粉のシーズンも長引きそうです。

今朝は朝5時20分に家を出て、新潟市西区木場にて、毎年この時期の定例となったお仕事をひとつこなして帰宅。本日会社の方はお休みにしていたので、思い立ってとあるところへ行ってきました。

009s 新発田市の月岡温泉近くにある剣龍峡から荒川沿いに入ったところ、そう、「県営林道新発田南部線」です。

 

■中々山、内ノ倉方面へと抜けるちょっとした峠越えコースとしてクラブランにと、2004年頃から工事の進捗状況を見ていたのですが、土砂崩れ対策の工事があったりで全線を通行することができないでいました。

どうやら、いつのまにか開通していたようで、工事中、進入禁止、などの表示はありませんでした。

019s
何度か来て見覚えのあるアプローチを登っていくと前方左側に何かあります。

 
 

017s 展望休憩所といった作りです。雪が解けたらお披露目?
ブルーシートの中身は、林道開通記念碑と案内看板でしょうか。

実はピークへはここからまだ少し登るのですが、雰囲気としては沼越峠に似ています。一部勾配のかなりキツイところはありますが。

030s 峠といいますか、ピークから少し行くと展望が開け、この画像のもう少し左側には内ノ倉ダム湖が見渡せます。ここからは真木山を縫って尾根づたいに中々山方面へのダウンヒルなのが、画像からも何となくわかるでしょうか。
 

032s しかしこの先は雪!

無理してこんなところでスタックしてもしゃれになりませんので、本日はUターンしてきました。

来月も桜の季節になれば雪は溶けているでしょう。春先ならば、剣龍峡側から登って中々山へと下り、山内あたりで桜を見ながらお昼をして帰ってくる、というのがコースイメージです。逆コースなら、登りで汗をかいて剣龍峡で涼を納めながらのお昼という感じでしょうか。

ではまた。

|

« NCA評議員会終わる | トップページ | 須坂市まで高速千円で日帰りの旅 »

コメント

自分でコメントです。

春のクラブランは4月12日栃尾方面で決まりましたね。実は同様なプランとして見附あたりまで輪行して加茂~村松と帰ってくるプランも考えておりました。シルバーウインドの総会ではコースプランナーは皆同じようなことを考えているなぁと感じた次第です。

夏のクラブランとしてこの“新発田南部林道”を実施することになりましたが、剣龍峡はアブがすごいとのご指摘がありましたので休憩場所は吟味してあらためて提案したいと思います。

投稿: mayuta | 2009年3月31日 (火) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅は咲いても雪マーク:

« NCA評議員会終わる | トップページ | 須坂市まで高速千円で日帰りの旅 »