« NCA峠越え “霧雨の灯籠木峠” | トップページ | 2012年の走り出し »

2011年11月10日 (木)

紅葉を愛でた納会サイクリング

000191400s
■11月5日のNCA納会サイクリングに参加して参りました。

9:30に新発田駅前に集合し、新発田市協会のみなさんと走りました。
朝は少々風が強く、内ノ倉方面からの吹き下ろしの風。
内ノ倉ダム方面へ向かいますが、少々廻り道をして大友稲荷さんへ立ち寄ります。

 

■今回は赤谷サイクリングロードを一切通らないコース取り。

このあと加治川の右岸を行きまして、宮古木から小戸橋東端に抜けました。少々舗装は荒れているものの竹林を抜ける趣のある道で、地元サイクリストならではのウラ道を教えて頂きました。このあたりに来ると山懐に近づいて強かった向かい風も気にならなくなっています。

小戸橋からも引き続き加治川の右岸ですが、このルートは内ノ倉ダム近辺を走っている方にはおなじみですね。

内ノ倉ダムへのアプローチの最後は登り切った所にある“七滝トンネル”。近年は滝谷新田側から登るので、七滝トンネルはひさしぶり。このトンネルはダムに向かっていくと登りでありまして、トンネルに着いて登りが終わりと思いホットすると、暗いトンネルの中で存外にペダルが重く感じられます。

0599
■さて、実はカメラのバッテリーを忘れまして(なんと自宅の充電器につけたまま(-_-X)
携帯電話BlackBerryのカメラでなんとか撮影しましたが、内ノ倉ダムでは一切撮影しませんでした。

こちら、左と下の画像、紅葉の内ノ倉は、onchaさんから提供頂いた画像です。

 

 

06055_3
■紅葉真っ盛りのダム湖を時計回りに走り、静かな湖畔を楽しみました。

お昼は、当初滝谷森林公園の予定でしたが、滝谷の少し入ったところにあるおそば屋さん“惣六やまと茶屋”に入りました。ちょうどのお昼時でしたがなんとか席が取れまして、十割そばをおいしく頂くことができました。

事前に用意していたサンドイッチなどは、補給食として別途食し、午後の部へ。

 000141344s

■今年のNCA納会に参加した目的は、この午後の部でのオプションコースとして用意された新発田南部林道を走ることにあります。

← こちらは内ノ倉ダム方面の眺望。

 

000171345s 

楽しみにしていた南部林道。ところが走ってみたらキツイキツイ。。。
体感で、上り勾配14%の連続? ミニベロ号の39×25Tでも道幅いっぱいにジグザグでアプローチしないと登り切れませんでした。サドルの上あたりに見える尾根の窪み付近がピークとなります。標高は470mほど。

 

000161345s

途中二度ほど休憩しまして、なんとか登って行きます。

 

 

 

 

000201400s
ピークでの画像はなくて。。。

剣竜峡側へ少し下りたところにある展望所にてひと息。

 

 

000181400s

日本海方面の眺め。天気予報通りで雲が迫ってきてあまり眺めは開けていません。

ここらあたりは、もう2004年春頃から何度となく来ているので下り勾配の感じは大体記憶通り。

 

000211402s
気力はあったのですが脚力が伴わず少々苦労いたしました。
ちょっとクラブランで使うルートとしてはきついかなぁ。と感じましたが、季節を選んで走れば相応の走り甲斐のあるコースです。この季節、クマの出没も危惧されましたが、このたびは大量のお猿さんたちとの遭遇でびっくりでありました。

 

この後は、月岡温泉はホテル杉本さんへと向かいNCA納会となりました。宿泊参加14名と少々寂しかったのですが、情報交換を行い、語らいの夜を楽しんだのでありました。

段取り頂いた新発田市協会のみなさん、素敵なコースと宿でのひとときをありがとうございました。

ではマタ。

|

« NCA峠越え “霧雨の灯籠木峠” | トップページ | 2012年の走り出し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紅葉を愛でた納会サイクリング:

« NCA峠越え “霧雨の灯籠木峠” | トップページ | 2012年の走り出し »