« お盆休みのあれこれ | トップページ | 関ブロ長野県大会 (その1) »

2012年8月25日 (土)

工場裏の細田あたりにて。。。ステム長さの見直し再確認

R0014216s
■本日は土曜ですが、明日行う仮棚卸しの準備で出勤でした。
暑いながらも、在庫を抑えているおかげで作業は11時過ぎに片付きまして、メーターもつけずに工場裏の辺りへぶらぶらとポタリング。外気温は33℃ほどであります。

 

R0014217s
■こちらは、たまに立ち寄る“香取神社”。
木陰でひと息つきます。

R0014223s
■いわゆる鬼瓦(役瓦)の部分に“香取”の文字が入っていて、銀色の瓦が施されていました。
小さな神社ですがいい雰囲気を醸し出していて、つい立ち寄るところです。

R0014225s
■空はまだまだ夏の雲。道路に映る電線の影がゆらゆらと続いています。

先週、EVEREST号のハンドルステムを120mmから110mmに変更したのですが、さらにいい感じになりました。
もともとカンパのブレーキレバーは手の収まり具合が良いのですが、120mmでは少々遠い感じがしておりレーシーな姿勢となっていまして、ミニベロ号に装着していた110mmのステムと交換してみたわけです。 その結果、

トップチューブ540mm、ハンドルリーチ80mm、ステム110mmとなり、これはこれで良しと。

■一方のミニベロ号は、トップチューブ520mmで短めであり、従来はややハンドルが近く感じていたので、ステム長を10mm増やした120mmにして改善されたハズなのですが、日々の通勤ではなんだかしっくりときません。

この違和感は、シマノのブレーキレバーの形状によるもののようです。
ハンドルの角度と高さを調整することで、違和感は薄まりましたが、今日EVEREST号のハンドルを握ったら、段違いに具合がいいことを再確認してしまったというわけでありました。

ということは、トップチューブ545mmのフレームで、ハンドルリーチ75mmでカンパのエルゴパワーを使用する場合は、私の場合ハンドルステムは110mmが概ねベストということですね。。。φ(..)メモメモ

ではマタ。 coldsweats01

|

« お盆休みのあれこれ | トップページ | 関ブロ長野県大会 (その1) »

コメント

今もEVEEST号(Corsa Duemila)を乗っておられますか?父も乗っていました。

投稿: くんべ | 2012年9月16日 (日) 16:56

◎くんべさん、ご訪問ありがとうございます。

EVERESTは、espriのフレームを20歳代から使っていまして、30歳代になって2台目としてこの“Corsa Duemila”を注文し現在に至っています。

フロントシングルギヤ仕様でツーリングに使って来て90年代で一旦メインから外れ、ほとんど使わない状態だったのですが、2000年代に入って走り方を見直してまた使い始めたという経過であります。

フレーム自体は古いですが、パーツを更新しつつ活躍しております。
(^_^)b

投稿: mayuta | 2012年9月16日 (日) 19:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/180523/55503362

この記事へのトラックバック一覧です: 工場裏の細田あたりにて。。。ステム長さの見直し再確認:

« お盆休みのあれこれ | トップページ | 関ブロ長野県大会 (その1) »