標高700m台の稜線を行きますのでしばらくは極楽。

ただし、少しのアップダウンはあります。