3927.cocolog-nifty.com > 2008.10.12 秋のグランプリ山田牧場

■直江津駅にて

■直江津駅にて

2008年10月12~13日に行われた“秋のグランプリ山田牧場”ツアー。
輪行は直江津駅で乗換て豊野駅まで。豊野からはいつものように約27kmほどを山田牧場の宿までという行程。
この車両はこれから乗る、妙高4号。特急あさまに使われていたのと同じ車両です。今回の輪行は新潟から特急北越2号で、帰路は快速くびき野5号ということで、すべてが(旧・現)特急車両でリクライニング付。10名の輪行旅でも快適でした。


■さてスタート@豊野

■さてスタート@豊野

豊野駅着が11:34で、自転車組み立て後すぐに昼食としました。
天候はよし。デザートに食堂のサービスでメロンを頂戴するなど幸先のよいスタートです。


■小布施方面

■小布施方面

まずは小布施の町を通過しますが、観光シーズンとあり、クルマの列が続いていました。
リンゴの木を横目にゆるやかな坂を行きます。


■中塩あたり

■中塩あたり

緩い登りが続く中、へばっているように見えますが実は、休憩して腰を下ろしていた私につきあってくれている(余力のある)abeさんです。


■中塩あたり その2

■中塩あたり その2

この頃は半袖で充分なくらいの気温でした。
快調に登っていきますね。


■蕨温泉にて

■蕨温泉にて

定番の休憩ポイント、蕨温泉のバス停留所です。
ここから山田温泉へはワリとすぐなのですが、勾配が段々と増してきますのでここでひと息。


■山田温泉入口

■山田温泉入口

もみじ橋を渡って、この分岐から温泉街までは勾配が急になります。
見慣れた風景が待っていました。


■山田温泉

■山田温泉

足湯のある、山田温泉のローターリーに到着。
周りの雰囲気は変わりませんが、紅葉の時期とあって観光バスやマイカーが多いこと。


■八滝 もみじ亭

■八滝 もみじ亭

山田温泉の先、細くなる急勾配を来ると、こちらに到着。小さな駐車場にクルマが沢山。駐車場の誘導の方も大忙しでした。
このあたりは紅葉も始まり、八滝~雷滝は混雑しておりました。

とーちゃん、人馬ともに軽量化したとかで調子がよいそうです。
(^_^)b


■奥山田温泉の源泉

■奥山田温泉の源泉

今回もお世話になるお宿“セルバン”さんの源泉はこちらだとか。
前方に湯気が見えるところです。

実際には自転車の向きとは逆方向に登っています。
今回はなにかとポイントを見つけては3キロくらい毎に休憩していたような。。。
おかげさまで39×27Tでもまだなんとかなったようです。


■七味温泉入口分岐

■七味温泉入口分岐

松川渓谷は観光で賑わっていましたが、さすがにこのあたりまではあまりクルマも登ってきません。
ここまで来れば、「あとはグ~ット行って、ガッと廻って、もうひと息だな。。。」
(^_^;
さすがに何度も来ているだけあって、記憶の道程が手元の5万図と一致しています。


■セルバンに到着!

■セルバンに到着!

TAふぁいぶぴんさんが到着。
キョロちゃんさんは二度登りもするしで、皆さんマイペースでそれぞれの楽しみ方、走り方で日暮れ前には無事ゴール致しました。


■セルバンからの夕景

■セルバンからの夕景

山田牧場の定番お宿、セルバンさんからの夕景です。


■セルバンからの夕景 その2

■セルバンからの夕景 その2

セルバンさんのバルコニーから見る景色。
新潟で見る海の夕景もいいですが、山の夕景もまたよし。

山田牧場まで登り切った後のこの景色は私たちへのご褒美ですね。


■深山フォンデュがメイン

■深山フォンデュがメイン

温泉で汗を流し、宿のご主人から歓迎のご挨拶を受け、さあ乾杯!
オリジナルワインで乾杯し、柔らかな信州牛ヒレと地野菜のオイルフォンデュを頂戴しました。
松茸の土瓶蒸しや信州馬刺しなどもあり飲物も思わず進みます。


■ごちそうさまでした

■ごちそうさまでした

で、途中経過はとばして。
締めの乾杯です。ごちそうさまでした。

ワインは何本開けたっけ?
この後、部屋で二次会。。。


■集合写真

■集合写真

カメラマンを別として、写っていない方ごめんなさい。
朝の集合写真です。

天候は引き続き晴れ。


■山田牧場を眺める

■山田牧場を眺める

さて、前夜の天気祀りはご想像の通り。
しかし、一部の方々は笠岳まで朝陽を見に夜明け前からゴソゴソと走っていきました。その方々は牧場散策。残りの方は峰の茶屋までということになんとなくなったようです。
私は、前夜のお返しが来たようで、この後適当なところで切り上げさせてもらいました(スミマセン)。
にしても、天気ヨーシ。


■紅葉の中を行く

■紅葉の中を行く

夜明けも登って、もう一度行くのはyasuoさん。
紅葉の中を行きます。


■紅葉を行く その2

■紅葉を行く その2

まったく以て、秋の好日。


■紅葉を行く その3

■紅葉を行く その3

空とのコントラスト。


■山牧の定点

■山牧の定点

2005年もこのあたりで撮影していますが、私にとって山田牧場の定点観察といったところ。


■山牧の定点 その2

■山牧の定点 その2

こちらの角度は、2005年と同じ?
牧場が見渡せるビューポイント。ガードレールもなくきれいに見渡せます。


■ヘアピンカーブ

■ヘアピンカーブ

さて、下りは注意深くゆっくりと。
こんな景色も楽しみながら。


■もみじ橋

■もみじ橋

混雑する松川渓谷はやり過ごし、あっという間に山田温泉まで下りました。
ここはもみじ橋。
このあたりは紅葉はこれからという感じです。


■もみじ橋の親柱

■もみじ橋の親柱

赤御影石にもみじと川の流れを彫り込んでありますね。
いつも素通りする所ですが、なんとなく停車。


■りんごの丘公園下あたり

■りんごの丘公園下あたり

単独行動で豊野駅周辺をひと回り。
くだものの町だけあって、緑豊か。
辺りはリンゴの木とコスモスが揺れていました。


■みなさん到着

■みなさん到着

豊野駅東口に皆さん到着。
お疲れさまでした。


■豊野駅で輪行

■豊野駅で輪行

いつもお世話になる豊野駅も橋上駅舎となっていました。
旧駅舎は反対側の西側でしたが、小布施に近い東側にもこうしてアクセスできるようになっています。

橋上駅舎は、旧駅舎よりも階段の上り下りが増える場面が多いのがサイクリストにとっては難点ですが。


■新潟駅で解散

■新潟駅で解散

帰路は豊野発15:30妙高7号で新井にて乗換。新井からは快速くびき野5号にて新潟着19:27分でした。
道中輪行の旅は、特急型車両でのゆったりとした車内反省会で、帰着すればこのように日没後の新潟駅。
天候に恵まれ、高原の紅葉も愛でた秋のグランプリを終えました。