風に抗いながらも、徐々に山懐へと近づいていきます。
この先、土淵~水戸野橋あたりは緩やかに登りつつ、サイクリングでこそ体感できる、懐かしい感じの風景となります。