風に押されて、あっという間に到着したのは阿賀野市小島の梅護寺。ここは道路向かいにある数珠かけ桜です。こちらも越後七不思議のひとつですね。

ナラタケ病で枯れた7本の桜のあとを継ぎ、枝の芽の成長部を組織培養して育てた苗木10本を2007年、この地に植えたとのこと。その中で、たった1輪の淡いピンクの花を咲かせた「1号苗」を後継樹としているそうです。