朝日を浴びつつ、帰路につきます。